乳がん検診Breast cancer

女性の乳腺専門医による乳腺外来

当院では2007年9月8日より女性の乳腺専門医による乳腺外来を土曜日午前に始めました。
乳がんの検査自体はいつでも実施できますが、女性放射線技師によるマンモグラフィー検診をご希望する場合は土曜日の午前(9:00から12:00まで)のみになります。

予約制となりますので、電話にてご予約していただきますようお願いいたします。

乳腺外来ご予約フォームはこちら

乳がん検診の種類Type

乳腺エコー(超音波検査)

乳房に超音波をあて、はね返ってくる反射波を画像化した検査です。乳房表面にゼリーを塗って、その上からプローブと呼ばれる機械をすべらせて、乳房内部を写します。
検査時間は約10分と、非常に短い時間で検査が可能です。
エコーは人体におよぼす影響は全くありません。

乳腺エコー(超音波検査)

マンモグラフィー

乳房専用のレントゲン検査です。X線フィルムを入れた台と、透明なプラスチック板に乳房を片方ずつはさんで、圧迫してうすくのばし、上下、左右方向から1枚ずつ撮影します。
乳房が圧迫されるため、多少の傷みを伴うことがあります(痛みの感じ方には、個人差があります)。
検査時間は、約15分から20分程度で、エコーより多少時間を要します。

マンモグラフィー
乳腺エコー マンモグラフィー
特徴

病変が黒く映る

乳腺組織=白、脂肪組織=黒く映るため、乳腺組織が豊富(白っぽい画像)な中で、黒い病変を見つけやすい

病変が白く映る

乳腺組織=白、脂肪組織=黒く映るため、脂肪組織が豊富(黒っぽい画像)な中で、白い病変を見つけやすい

適正

乳腺の発達した乳房(20〜40歳代)の乳房検査に適している

※乳房の状態には個人差があります。

脂肪の発達した乳房(50歳代以上)の乳房検査に適している

※乳房の状態には個人差があります。

長所
  • 痛みを伴わない
  • 被曝が無いので、何度でも受診でき、妊娠中でも検査が可能
  • 同時に細胞を採取して検査することが可能
  • 特に石灰化のある乳がんの発見に適している
  • 左右差の評価がしやすい
短所
  • 石灰化の形状や範囲がわかりにくい
  • 痛みを伴う
  • 高濃度乳腺の場合、十分に病変を検出しにくい
  • わずかながらX線による被曝がある
  • 妊娠中は検査不可

自費診療のご案内Women

土曜限定!女性医師・女性技師によるフルコース乳がん検診

検査内容
  • マンモグラフィー
  • エコー
費用 税込11,880円(本体価格11,000円)

土曜限定!女性医師・女性技師が対応するマンモグラフィー検査

検査内容
  • マンモグラフィー
費用 税込6,480円(本体価格6,000円)

医師が担当する丁寧な結果説明がついた乳腺エコー検査

検査内容
  • エコー
費用 税込6,480円(本体価格6,000円)